2018年03月26日

病は気からなおす

ご覧いただき、ありがとうございます。

桜が咲いていい季節になってきました。
病気をしてから寒さにとことん弱くなってしまいした。
これからが元気をアップさせる時期ですね。
IMG_0409.JPG
ウチの近くの公園です。

今回からブログを進めいていきたいと思います。

まずは、ブログのタイトル。
「病は気からなおす」

これは、僕が口底ガンになって治療が進んで今に至るまでに、
心から感じた事。
そして、そうであると確信しています。

「病は気から」とよく言われますが、
この言葉の意味を調べてみました。

ことわざ辞典には、
病は気からとは、病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。
と書いてありました。

科学的にも証明されているようです。
簡単に書くと、
・大きな心配事があれば食欲も落ち、よく眠れなくなる。
 心の状態が自律神経を左右し、体に大きな影響を与える。
・無力感や否定的な感情抑制という精神的要因が、
 がんの増殖や広がりに関連することが示唆されています。
・楽しい記憶を思い出した人の免疫細胞は数も多く、活発でした。
 気がめいる記憶を思い出した人の免疫細胞の数は著しく低下し、
 その活動性も低くなり、感染症にかかりやすい状態になっていた。

すみません。簡単じゃなかった。

そして、プラセボ効果。
偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事。

かなりの「病は気からなおす」だと思いませんか?


僕の体験からいけば、
退院して無理をしない様にと安静にしていました。
それでは「気」は上がらない。
店を再開させるために、準備をしたり蕎麦を打つ練習をしたり、
(僕は蕎麦屋です)
体を動かせば自然と心も躍動的になる。

そして、「気」が上がる。

さらに、放射線治療や抗がん剤治療で酷使した体の回復が、
格段に早くなってきたと体感しています。


そんな「気」または「氣」
どの様にして上げていくか、さらにより良い方向に進むために、
どの様な考えで、どの様な気持ちでいる事が良かったかを
書いていきたいと思っています。

病気にならないための話は、
「病は気から」で良いと思います。
これは本当に大切ですよね。

ただ、切羽詰まっているのは、
病気を患っている方がどうやって復活するか、
どうやって付き合っていくか。
ですから、僕のブログは
「病は気からなおす」
なんです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by みちひらき at 13:39| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

はじめまして。

はじめまして。
以前から別のブログを書いていました。

病気から復活した私の生活の中で気付いた事や、
いいなぁと思う事、みんなに気をつけて欲しい事を書いていました。

しかし、だんだんと内容が
病気を治すには?
病気にならないためには?
などの方向に偏ってきました。

だから別の場所を作ろうと思いました。

それで、このブログ。
ガッツリとそういう話をしていこうと思っています。

もちろん、私は医師でも科学者でもないので、間違ったことや古い情報もあるかも知れません。

私が考えるものよりも良いものがあれば、教えてくださいね。

よろしくお願います。



私の別のブログです。
興味がある方は、のぞいてみてください。
復活‼そば屋の大将のちょっとした話


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by みちひらき at 15:57| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ