2018年05月31日

モチベーションが上がらない時。

今回もお読みいただき、ありがとうございます。


最近、気候のせいか気持ちが上がってきません。
「モチベーション」が上がらないというか、
高い位置でキープできないというか。

そんな時でも、もちろん仕事はきっちりしますよ。
最低限やらなくてはいけない事もやります。
職人であり、大人なので。

誰でもあると思うんです。
そこを早く打開して、またモチベーションを高い位置へ
もっていくことができる人が成功するのかな?

もちろん、そのモチベーションがどこに向かっているかにも
よるとは思いますけどね。


で、僕はいつもどうしていたかな?
と考えてみましたが、思い出せない。

とにかくストレス発散ということで、
騒ぎまくっていたかもしれません。

ただ、これはあまり解決にはならなかったような気がします。

で、なんとなく「モチベーションを上げるには?」
というキーワードで検索してみました。


本当に色々ありますね。
当たり前ですよね。
人それぞれ違う人間なんだから、やり方は1人1人違って当然。

その中で、自分に一番合いそうなのを探してみました。

僕の場合、「とにかく動く。」ですね。
動きながら、気持ちを上げていく。

簡単にいうと、
「考えてから、走り出す。」ではなくて、
「考えながら走る。」ということ。

僕は、理論タイプでもあり直感タイプでもあると思っています。
考えれば考えるほど、ドツボにはまり、
ある時ふとしたことで、ひらめく。

でも、考えているからこそ、ひらめいたものでもある。

だから、その時間を短縮するために、
「走りながら、考える。」
「何かをしながら、考える。」
実はこれ得意なんだなぁ。

よくやっている事なのに、それに気づいていなかった。


ということで、今日はこれから色々やります。
酢たまねぎ作って、自分用かえしを作って、
晩ご飯のおかず作って。って作ってばっかし。

こうやってブログ書きながらも考えている。

今日は、ブログどうしようか迷ったけど、
書いてよかった。


みなさんも自分に合った、モチベーションアップの方法が
きっとあるはずです。
調べてみてはいかがですか?



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by みちひらき at 16:18| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

親の気持ちと子供の気持ち

今回もお読みいただき、ありがとうございます。


一昨日、お伊勢参りに行ってきて、
昨日くらいから疲れが出てきた様です。

昨日、次男が学校で吐いたと言っていました。
今日は回復して朝から元気に学校に行きました。

代わりに、長男が朝ご飯を食べていて気持ちが悪いと
言い出し、僕が蕎麦を打っているところに来ました。

学校を休んでもいいか、聞きたかったようですが、
どうもはっきりしない感じだったので、
僕が、「調子が悪いなら休めばいい。
君の調子がどのくらい悪いのかはわからないから、
学校に行けなさそうなら休んでいいよ。」
と言いました。

どうやら、休むことにしたようでした。
そうしたら、今度は三男が「気持ち悪い」
と言い出して、保育園を休みたいとぐずったみたいです。

僕は、何も言いませんでしたけどね。
これは良くないのかもしれませんね。

ただ、三男はきっと長男が休んだから休みたかっただけ
なんだろうと、思ってはいましたけど。

仕事中でしたが少し合間ができたので、
13時くらいに様子を見に行ったら、
ゲームをしていた。

僕は、かなりの怒りモードとなり、すべてのゲームを取り上げました。
「調子が悪くて休んでいるのにゲームをやるとは、
どういうつもりだ」
って言って。

学校や保育園を休んだのは何のためか?
休んだ時にはどうするべきか?

きっと長男だけなら大人しく寝ていたのかもしれません。

でも、ここで「ゲームをやっていてもいいよ。」とは、
言えません。どうですか?

自分がどの様な状況で何をしなければいけないか。
を考える事ができなければ、必ずあとあと大変な事になる。

小学4年生の長男にはまだ早かったんでしょうか?

でも、一つずつ問題が起きた時に対処していかないと、
わかるようにならないと思いますしね。

このやり方だと対処療法?と同じかな。

毎日の生活の中で、考え方が決まっていく。
だから、日々の中で自分が何をして、何をするべきか、
その上で何をしたいのかを考える事ができるように
させてあげなければいけませんね。

やっぱり、僕が子供たち自身に「自分で考えるくせ」を
つけさせてやらなかったのでしょうね。

僕が、言った事をやっているだけだったのかもしれません。

だから、
なぜそれをするのか?
今は何をするのか?
どうやってやるのか?

僕はあまり与えているつもりはなかったのですが、
かなり与えていたのかもしれません。

自分で何をしなければいけないか、
何がやりたい事なのかを考えられる子になってほしいです。


子育て真っ最中の方、どう思いますか?

子育ての終わった方、どうだったか覚えてますか?



色々考えんがら、子供たちと一緒に僕たちも
成長していくんですね。きっと。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by みちひらき at 19:28| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

ポテトチップスやフライドポテトは好きですか?

今回もお読みいただき、ありがとうございます。


昨日は、家族でお伊勢参り。
少し前には子供たちの遠足もありました。

遠足や小旅行には、おやつが付き物。

「バナナは、おやつに入りますか?」
的な感じですね。

で、おやつを買いにい行くんですが、
僕が一緒に行くと好きな物を買わせてあげられません。

どうしてか?

今までのブログを見て頂いている方は、
すぐに気づくと思います。

そう、お菓子。
子供の好きそうな駄菓子的な物は、
添加物のかたまりだからです。

だから、一緒に買いに行くと、
その中でもまだマシな物を選びます。

可哀そうですが、子供のアトピーが酷くなるよりは、
と思っていると、好きな物を買わせてあげられない。

スナック菓子の味付けは、
○○エキス、○○パウダー、たん白加水分解物、アミノ酸等、
香料、酸味料などなど。
お菓子の原料表示.JPG
添加物のオンパレード。
何が怖いって、これらの物は作り方が想像できない。

この添加物を作る工程に何を使っているかも、わからない。

そして、健康への影響もわからない。
なんとなく、体に悪そうだなとは感じていますよね。
どこがどう悪くなる、って具体的にはわからない。


ここからがブログのタイトルの話。

写真にもありますが、「ポテトフレーク」。
それと、ポテトチップスは「じゃがいも」。
ポテトフライの原料も「じゃがいも」。

じゃがいもは、100℃以上の高温で調理すると、
「発がん性物質」が作られます。


公には報道されませんし、
きっとテレビ番組でも特集はされないでしょう。

それは、テレビの大きなスポンサーとして、
ポテトチップスやポテトフライを売っている企業が
あるからです。

そんな番組を作って放送したら、二度とその放送局の
CMスポンサーにはならないでしょう。

それはさておき、ポテトチップスやポテトフライの
「発がん性物質」とは何か?

ポテトチップスやポテトフライは、180℃くらいの
油でしばらく揚げます。
そこで、じゃがいもに含まれるアスパラギン(アミノ酸)が
「アクリルアミド」という物質に変化します。

アクリルアミドは、接着剤や塗料、紙・繊維などに
仕上げ剤として工業的に使われていて、人体には有害です。

中枢神経麻痺を起こすことが、わかっているそうです。

動物実験では、発がん性がある事も確認されています。

農林水産省のホームページに、
「アクリルアミド」は遺伝子を傷つける作用があって、
微量でも健康に影響をおよぼす可能性を否定できない。」
とあります。

農林水産省のページです。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/acryl_amide/index.html

ということで、これを知ってからは、
ポテトチップスはおやつとして完全にNGとなりました。
そして、ポテトフライも食べません。

そして妻は、
「どんどん食べる物がなくなっていくー。」
と言っています。

誰しも、そう思う事でしょう。

色んな事を気にしだしたら、本当に食べる物が
なくなっていく。
特に嗜好品は。


どこまで気にして、どこまでを良しとするかは、
その人次第。
線引きは、本当に個人の自由です。

でも、その線引きを考える時に情報が無ければ、
考える事ができない。

今の日本は、その情報は普通に生活していては、
入ってこない。
自分で情報を取りにいかなければ無理なんです。
企業利益優先。
これが今の日本です。

それが上記で書いた、テレビの報道などのスポンサー
などの関係が、もろに表しています。


今回は、ポテトチップスとポテトフライがという話で
書いてきましたが、他の加熱調理した食品にも入っています。
ただ、この2つが他と比べて含まれている量がダントツに
多いという話です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by みちひらき at 18:31| Comment(0) | 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ