2018年07月24日

がんセンター

いつもありがとうございます。

今日は、がんセンターに来ています。
診察です。

患者さん多いです。

ガンを患っている方がこんなにいるということ。
みんな表情はそれぞれ。

どちらにしても、心が平気な人はほとんどいないはず。


今日は、検査を色々やるので遅くなりそう。
昼ご飯は、抜きでと言われてるし。
「お腹減った」

夜ご飯は何食べよう。
昼抜いた分、栄養とらなきゃなぁ。

ホントにお腹減った。
仕事してると感じないけど、待ってるだけの時間だとね。


さて、まだまだ待ち時間が長いけど、妻とゆっくり待ってます。

今日は短いですが、出先なので。

最後までありがとうございました。
posted by みちひらき at 13:36| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

ここでは、診断がつけられない。

いつもありがとうございます。

暑い日々が続いてますね。
暑さにやられないように気をつけましょうね。


昨日のCTの結果。
肺の外に水が溜まってるらしい。

この病院では、設備的に診断を確定させるための検査はやれない、とのこと。

ガンの前歴があるため、がんセンターでの診察と検査になります。

たぶん大がかりな検査になると思います。
わからないですけど。
調べた感じでは痛いらしい

とりあえず、みなさんにあらぬ心配をかけないために、完全に診断がつくまでは、ブログには書かないようにしようと思います。

もし、大変な結果だったり、すごく良い結果だったりしても、先に直接言わなければならない人がいますので、すみません。

このブログは、いつもどおりにアップしていきます。日々感じたことや新しい情報とか。

僕の事は、すべての診断がついた後、治療方針を決め、伝えなくてはいけない人に伝えた後に、このブログで細かく説明していこうと思います。

どうやって診断されたか、治療方針の決め方、心の置き所、生活の仕方とか。

とにかく、無理をしすぎないようにします。

ご心配をお掛けして、申し訳ありません。


どんな診断がでても、前向きに、ワガママに、自分のやりたいように、治療方針を決めたいと思います。




最後まで、ありがとうございました😊
posted by みちひらき at 17:58| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

医師の専門性

いつもありがとうございます。


診察?相談?行ってきました。
口腔外科の医師に。

伝えたい事は伝えてきました。

血液の検査数値を見る限りでは、炎症が原因だと。
肺に影があることから、やっぱり呼吸器内科にはかかるべきで、
呼吸器系の疾患でも背中や脇腹が痛くなることはある。

脾臓の話は、専門外なので何とも言えないと。


でも、CTの範囲は広げてくれるように指示をだしてくれて、
呼吸器内科の医師にも手紙?メール?で総合的な話は
してくれると言ってもらえました。

今の状態の原因の可能性一つずつ、つぶしていくしかないね。と。


簡単に診断がついた方が、気持ちは楽だけど、
しっかりと診てもらう事が安心につながるのかなとも思う。

患者としては、医師が違えば、それだけ診察までの時間がかかる。
説明もその都度しなくてはいけない。

あまりにも色々いかされると、「たらい回し」にされたと
言いたくなりますね。


ちょっと変な例ですけど、
僕も蕎麦の専門家。
うどんを出してくれと言われても、それなりのものしかできません。
出さないですけど。

天丼は作っても、かつ丼は出さない。

餅は餅屋。
というやつですかね。

現代では、
こんな飲食業でも専門性はより鮮明になってきています。

何より、命を扱う仕事なら余計にその専門性も極められるべき
かもしれませんね。

ただそれとは別に、患者との向き合い方が医師によって
バラバラである事が残念です。

人間だから仕方ないですけど。

相性は人間同士なら必ず生じること。
でも、医者と患者の関係は相性が合わなくても、
変えられない場合もある。

こちらも変わるべきかもしれませんが、
命がかかっている時にそんな事言ってられません。

困った時は、緩和ケア専門ナースなど、
心に寄り添ってくれる専門家もいます、大きい病院なら。
医師と患者の二人称で判断するのはやめましょう。

色んな人を頼りましょう。
大切な命がかかっているのですから。



さてと、今からCT撮りに行ってきます。


最後までありがとうございました。
posted by みちひらき at 15:02| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ